会社男

お金

シニアライフ①:老いじたくー好きなように生きる

50歳を過ぎたら、シニアだ。老いのシニアライフのための準備をしっかりしようではないか?時の過ぎるのは早い。あっという間に君は時代に取り残されるかもしれない。ならば、闘うまでだ。老いと若さに。
ちょっと今から仕事をやめてくる

会社を辞めること

こんな中、個人が会社にしがみつくことは、カッコ悪いことなのか?会社をやめて一人で仕事をすることはカッコ良いことなのか?会社を辞めることの是非について、考えてみました。
会社男

捜査1課

ドラマ『小さな巨人』が面白い。組織と個人の問題について、警視庁捜査1課組織を例に考えてみる。組織の中で生きていくための個人の幸せ修験道の方法やキッカケが見つかるかもしれません。
会社男

会社男

昭和の後半から平成にかけ、この会社組織の変革が色々あった。しかし、人は会社を辞めない。組織の善と悪。組織と個人の相克。人は、そのような中にあっても、会社組織に属していることをどうも望んでいる。組織と個人と幸福について、書き始めたのだ。
ライフスタイル

前の会社の仲間との再会

二人とも、心のきれいな男達だ。だから、会えたことや酒を飲めたことは、この上もなく、俺には幸せだった。今、俺達は組織にありながらも、孤になりつつある。俺達は積み上げてきたものがある。それを次のステージで、自分の好きなところで、活性化させる義務みたいなものがあるような気がした。
テレビドラマ

知的な悪党が女にモテるー柳沢きみお論(4)

柳沢きみおの漫画で結構面白いのが、知的な悪党が主人公になったマンガだ。彼らのどうしようもないくらい怜悧でクールで悪の何かが背中にありそうな際立ったキャラが、僕らをゾクゾクさせる。漫画「特命係長只野仁」にみる知的な悪党の魅力を語ろう。
ノブレス・オブリュージュ

ノブレス・オブリュージュ(noblesse oblige)

007のジェームズ・ボンドにある精神は、ノブレス・オブリュージュ。彼の個人的な業務姿勢にはnoblesse obligeを感じる。高貴なる精神の義務。たった一人でも、任務をこなす。それも、高貴なる者の責任感で。
タイトルとURLをコピーしました