漫画

漫画漫画

漫画を読んで幸せになれるか。意外と、勉強以上に、心の幸せ指数を上げてくれるものではないでしょうか?大事な修験道のツールであります。

スポンサーリンク
めぞん一刻

めぞん一刻を語る㉚:響子△水着編その3

なんと、『めぞん一刻』の『響子△』な水着姿の第3回目。今回は、漫画の中での特別編。『番外の孤島編』からだ。響子さん△は、『』➡カッコ➡格好いいの、素敵なビューティフルな水着姿であった。五代君が夢中になるのも分るね。
めぞん一刻

めぞん一刻を語る㉙:響子△水着編その2

今回も、『めぞん一刻』の『響子△』な水着姿の第2回目ですね。響子さんカッケー(格好いい)の、ビューティフルな水着を堪能しましょう。めぞん一刻というコメディ漫画はそういう青春ドラマでもあるのだね。
めぞん一刻

めぞん一刻を語る③:嫉妬の心理

哲学者の嫉妬についての考え方と漫画『めぞん一刻』における嫉妬の構造を対比しながら、やっかいそうな、この「嫉妬」なるものを切り拓いてみたい。
めぞん一刻

めぞん一刻を語る㉘:響子△(さんカッケー)水着編その1

『めぞん一刻』コメディ漫画なのに、意外と健康的なエチ(エロス)としての響子さん。彼女は、『響子△』=『響子さんカッケー(格好いい)』。とても、ビューティフルです。そんな響子さんを探してみました。その1回目。
めぞん一刻

めぞん一刻を語る㉗:義父の心に残る言の葉

めぞん一刻はコメディ漫画であるが、結構、さりげなく、深いことを教えてくれる。「死と生」や「生きていく幸せ」の意味についても。惣一郎さんの義父と響子さんの関係性の中にも、教えられることは多い。
めぞん一刻

めぞん一刻を語る㉖:白無垢姿の響子さん

『めぞん一刻』の最終話は、『P.S.一刻館』だったね。響子さんの白無垢姿が、とても、綺麗でした。
めぞん一刻

めぞん一刻を語る㉑:美について

美って何だろうね。美学っていうのは?『めぞん一刻』に見られる美っていうのは何かな?美しいものを発見した時に人はどうするのだろうか?『めぞん一刻』を通じて、美の哲学的アプローチをしたりして。
めぞん一刻

めぞん一刻を語る②:愛の心理学

めぞん一刻における愛の心理学について。この古典的なコメディ漫画から恋愛における心理学の本質を勉強するのもありかな。そして、自分の恋愛に応用してみては?
めぞん一刻

メゾン一刻を語る①:幸せの辿り方

幸せの漫画としては、やはり、なんといっても、なんだかんだ言っても、不朽の名作『めぞん一刻』しか、ないだろう。 このマンガに触れずして、私は、幸せの何たるかを言うことができようか?幸せへの辿り方を勉強しようではないか。読んで、ほっこりして。
めぞん一刻

めぞん一刻を語る⑤:想い出と過去との決別の辿り方

めぞん一刻という漫画における音無響子さんと惣一郎さんとの決別の仕方について、考えてみる。人はどうやって哀しい過去や人と決別していくのが良いのかの参考になるのかもしれません。そして、改めて、その点からも、この漫画はとても温かい何かを運んできてくれます。
めぞん一刻

めぞん一刻を語る㉕:ツイていないことは幸せの始まりか?

めぞん一刻の面白さの1つに挙げられるのは、五代君の「ツキのなさ」のヘビーローテーションかもしれませんね。このツキのなさについて、考えてみたりして。ツイていないことは、実は幸せの始まりかもしれないし、ツキのある流れへの入り口かも。
めぞん一刻

めぞん一刻を語る㉔:時計坂

『めぞん一刻』の漫画を面白く読む。今回のテーマは、背景である街と駅である❝時計坂❞。時計坂というファンタジーな駅を見ることで、この漫画の素晴らしさを再認識出来たりして。聖地、時計坂駅とは?貴方の時計坂は?
タイトルとURLをコピーしました