高橋留美子

スポンサーリンク
めぞん一刻

めぞん一刻を語る㉕:ツイていないことは幸せの始まりか?

めぞん一刻の面白さの1つに挙げられるのは、五代君の「ツキのなさ」のヘビーローテーションかもしれませんね。このツキのなさについて、考えてみたりして。ツイていないことは、実は幸せの始まりかもしれないし、ツキのある流れへの入り口かも。
めぞん一刻

めぞん一刻を語る㉓:オジサン達の存在意義

今回の『めぞん一刻』を語るは、脇役のオジサン達の魅力というか、その存在意義についてだ。高橋留美子先生のオジサン観察力の鋭さには、とても、驚く。それ以上に、父親や夫や上司としてのオジサンへの愛情を感じるね。
めぞん一刻

めぞん一刻を語る⑨:恋の三角関係

『めぞん一刻』の漫画を面白く読む。そのための今回のテーマは、恋の三角関係。『めぞん一刻』は三角関係の宝庫。この三角関係の妙を知ることで、自分の人間関係の整理や周りの人達との関係を客観的に把握することが出来たりして。
めぞん一刻

めぞん一刻を語る㉒:何故、今、めぞん一刻か

海の向こうで戦争が始まっている。何故、今、めぞん一刻か。それは、前を向く再生の物語。大事な人と家族と素敵な友人達を救い再生し自分が変わっていくこと。今回は、音無響子、五代裕作、音無老人にみる再生の話。ウクライナ。命と命を繋げるときに感じる暖かさを信じること。
めぞん一刻

めぞん一刻を語る⑳:気質について

今回の『めぞん一刻を語る』は人の持っている気質についてのお話。気質って何だろうなと思いつつも、どの世代でも気になるこの気質を如何に上手に使いこなすかを考えてみた。今回は八神いぶきの気質を見てみたね。
めぞん一刻

めぞん一刻を語る⑰:感情のまま動く響子さんの自由と万能感

『めぞん一刻』という漫画に我々が好印象を受けるのは、真の自由さを兼ね備えている響子さんに親近感を感じるからに違いありません。誰かに支配されるとか権力に屈するという万能感から解放された自主的な姿があるのです。
めぞん一刻

めぞん一刻を語る⑯:色々迷走する五代君に見る男の魅力?

漫画『めぞん一刻』における主人公の一人である五代裕作君。彼の迷走的な動きを通じて、男の魅力について、考えてみた。人間ってのはバカで素の自分であればあるほど、面白いね。意外と、深く、強くなれることもあるね。
めぞん一刻

めぞん一刻を語る㉑:美について

美って何だろうね。美学っていうのは?『めぞん一刻』に見られる美っていうのは何かな?美しいものを発見した時に人はどうするのだろうか?『めぞん一刻』を通じて、美の哲学的アプローチをしたりして。
めぞん一刻

めぞん一刻を語る⑭:個人と組織の問題について

強引なテーマだと思われるかもしれないが、めぞん一刻を「個人と組織」というテーマで斬ってみたね。そこから今の現代が見えてきたりして。
めぞん一刻

めぞん一刻を語る⑬:結婚とは

めぞん一刻に見られる「結婚」の持つ意味について考える。結婚とは何であろうか。愛のカタチとは。家族とは。友人とは。祝福とは。
めぞん一刻

めぞん一刻を語る⑫:夢みることについて

めぞん一刻を通じて、夢みることについて、考えてみました。めぞん一刻が教えてくれている「夢見ること」とは何か?弱い人だからこそ、夢をみて良いのか?身の回りの幸せを願い、そういう生活を夢みる平凡な人達の世界。
めぞん一刻

めぞん一刻を語る⑪:疑うことについて

「疑い」について、漫画『めぞん一刻』から考えてみた。疑いを持つ自分とどう向き合っていったら良いのか。疑いをする場合の良きスタンスとは何か?
タイトルとURLをコピーしました