ショートフィルム

短編映画を愛でる。

ショートフィルム

ショートフィルム②:世界の終わりを待つ男

ネットで見かけたショートフィルムの『世界の終わりを待つ男』の約10分間に見入ってしまった。男の独白が詩のようで。そして、コロナ禍で人が死ぬことの世界を意識しての話で。地球の最後が予測された時、自分は、家族は、周りはどう生きていくのか。そんなことを私は考えてしまった。
オールナイトニッポン

短編映画『カーブ』と陸の孤島豪徳寺

佐久間宜行オールナイトニッポンは、やっぱり、面白かった。短編映画の『カーブ』が極めて良く出来た映画だったことと、佐久間宜行のテレビ東京でのリモート会議話が面白かったことが、強く印象に残ったね。
タイトルとURLをコピーしました