半沢直樹

会社男

会社男

昭和の後半から平成にかけ、この会社組織の変革が色々あった。しかし、人は会社を辞めない。組織の善と悪。組織と個人の相克。人は、そのような中にあっても、会社組織に属していることをどうも望んでいる。組織と個人と幸福について、書き始めたのだ。
タイトルとURLをコピーしました