Born To Be Wild(ステッペンウルフ):俺のPOPS第53位

ジャック・ニコルソン

映画『イージーライダー』でオープニングを飾ったステッペンウルフのBorn To Be Wild(ワイルドで行こう)が俺のPOPS第53位にランクインだ。

このロック、ワイルドだぜぇ。

Steppenwolf – Born To Be Wild 1968 Video Sound HQ

Steppenwolf - Born To Be Wild 1968 Video Sound HQ
Steppenwolf - Born To Be Wild (Single, Album, Steppenwolf 1968) John Kay - Vocals Goldy McJohn - Organ Jerry Edmonton - Drums Michael Monarch - Guitars Rusht...

イージーライダー

“デニス・ホッパー、ピーター・フォンダ、ジャック・ニコルソンら、名優たちが顔を揃え、真のアメリカを求めてオートバイで旅をするふたりのヒッピーの姿を描いたアメリカンニューシネマの代名詞的作品。

イージー★ライダー コレクターズ・エディション [DVD]
メキシコから麻薬を密輸して大金を得たキャプテン・アメリカとビリーは、大型オートバイを駆って旅に出た。途中、ラスベガスの留置場で酔っ払いの弁護士ジョージと知りあう。やがて3人は、共にニューオーリンズを目指す。
   名優ヘンリー・フォンダの息子ピーター・フォンダが、親友デニス・ホッパーとともに作った斬新なロードムービーだ。ベトナム戦争、人種問題など、悩める大国アメリカの姿を、若者の視点から余すところなく描ききった。
   オールロケしたラズロ・コバックスによる撮影と、同時録音によるセリフのリアルさがすばらしい。そしてステッペンウルフ、ザ・バンド、ジミ・ヘンドリックスらの名曲を使用。初めてロック音楽だけで映画音楽を構成した、画期的な作品でもある。アメリカ映画の方向を変えた秀作である。

音楽がスゲー

イージー・ライダー オリジナル・サウンドトラック 限定版
アメリカン・ニューシネマの金字塔的作品に登場したロックの名曲を収めるベストセラー・サウンドトラック。ハーレーが疾走する印象的なオープニングを飾ったステッペンウルフの「ワイルドで行こう」はあまりにも有名。
1. ザ・プッシャー
2. ワイルドで行こう
3. ザ・ウェイト
4. ワズント・ボーン・トゥ・フォロー
5. イフ・ユー・ウォント・トゥ・ビー・ア・バード
6. ドント・ボガート・ミー
7. イフ・シックス・ワズ・ナイン
8. キリエ・エレイソン
9. イッツ・オールライト・マ
10. イージー・ライダーのバラード

出演俳優がスゲェ

ジャック・ニコルソンとピーター・フォンダ。

イージーライダー映画 に対する画像結果
出典:https://movies.yahoo.co.jp/movie/1702/photo/?page=4

ピーター・フォンダとデニス・ホッパー。

映画では、最後は皆死ぬぜ。現実には、ジャック・ニコルソンは生きてるぜ。

映画と一緒に味わうなら、これだ。

Steppenwolf - Born To Be Wild (Easy Rider) (1969)
YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリ...

STEPPENWOLF – BORN TO BE WILD (LYRICS)

原文そのものを見ながら聴くのなら、これだ。

STEPPENWOLF - BORN TO BE WILD (LYRICS)
SUBSCRIBE PLEASE

ワイルドにやるために生まれたんだ
ワイルドにやるために生まれたんだ

ということで、自由に、ワイルドに行こうぜよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました