幸せの対極にありそうな悪やワルについて検討することが逆に大事なのではないだろうか?悪いことをして幸せになれるだろうか?

中島義道

悪について

悪の根底に流れるのは自己愛なのか?そこに悪発生の人間心理現象があるのか?どろどろの自己愛が悪を呼び起こすのか?悪の映画3点から、そんなところを見ていこう。悪の教典,凶悪,悪人の3つの作品である。
エンターテインメント

成り上がり(新堂冬樹編)

闇世界や裏社会を書かせたら、右に出る者はないだろう。怖そうな小説家さん。ノワール系小説から純愛小説・動物小説と、そのジャンルは広過ぎ。広過ぎ涼子であります。

悪の華ー柳沢きみお論(6)

柳沢きみおのノワール系漫画だ。罠にハメられ愛する人を奪われた津島は、花山に勝つためあらゆる手段を使って芸能界に立ち向かう!

青き炎・ワルのハードボイルドー柳沢きみお論(5)

青き炎。柳沢きみおの漫画。ワルの漫画。氷の美貌、鋼の肉体、冷徹な知性を駆使しサクセスを追い求める19歳のハードガイ。その名は海津龍一。柳沢きみお漫画初めてのワル系ハードボイルドストーリーで、当時のバブリーな雰囲気が十二分に描き出されている感じです。
タイトルとURLをコピーしました