アイ・アム・ア・ロック

俺とサイモンとガーファンクル③人気前の曲(その1)

S&G連続ものシリーズ3回目として、人気が出る前の曲を中心に紹介してみよう。水曜日の朝、午前3時のアルバムの中の曲紹介だ。キャシーの歌、冬の散歩道、アイ・アム・ア・ロック、水曜日の朝、午前3時。
かわぐちかいじ

空母いぶき

空母いぶき。素晴らしい映画に出会えた。自衛官達の国と国民と部下を愛し想う、その男らしい姿勢に感涙すること、間違いなし。男は、守るべきもののために、命を懸けることができるか。そういうことを伝えてくれたような気がします。背筋がピンとした。
エンターテインメント

俺とサイモンとガーファンクル②初期の名曲達よ

大好きなサイモンとガーファンクルについて、音を入れておく部屋です。ここは。ここから、S&Gの音楽を気が向いたら、聞くのじゃい。そして、曲を聞きながら、サイモンの詩に触れよ。名曲4つ。サウンド・オブ・サイレンス。コンドルは飛んでいく。ボクサー。ミセス・ロビンソン。

悪の華ー柳沢きみお論(6)

柳沢きみおのノワール系漫画だ。罠にハメられ愛する人を奪われた津島は、花山に勝つためあらゆる手段を使って芸能界に立ち向かう!
哲学

何処に、どこに(短編3)

超能力に関する短編小説の第1回目作品だ。瞬間移動について、書いてみた。いわゆる、ジャンプってヤツだ。何処へも行けるということは、何処へも行けないことの裏返しなのか?なんて、ことを考えていたので、短編になったのだった。
エンターテインメント

オールナイトニッポンで佐久間宜行と上田誠

オールナイトニッポンの深夜放送の木曜日のパーソナリティ佐久間宜行という面白い存在がいることを話したけど、また、今日、ヨーロッパ企画の主催者で脚本家の上田誠とラジオ対談をしたのだった。面白さ抜群。
哲学

嘘から出た真(短編1)

掌握短編小説を書く。その第1作目だ。短く、より、短く。思いついたテーマを書き綴るのである。書くことで、幸せになるために。
哲学

短編小説的な短編の始まりと終わり

人間の脳の活性化のためにも、このかなりの部分で無秩序になっている自分の脳の中にある何かを見つけ出し整理する作業をしていくことが大事だなと勝手に気づいた私は、これから実験的な短編小説を書いていくこともするのであったのだ。
テレビドラマ

幸せになるためのあなたの物語

何故、こんなサイトを作ったのか。反省することが多い人生でしたが。それ故に、学んだことも多くあります。あの時、こうすれば良かったとか悔やむことも。ならば、同じように、何かに立ち向かうような人の参考になる情報や映画・小説・漫画等からの教えを発信できたらと思った次第です。

青き炎・ワルのハードボイルドー柳沢きみお論(5)

青き炎。柳沢きみおの漫画。ワルの漫画。氷の美貌、鋼の肉体、冷徹な知性を駆使しサクセスを追い求める19歳のハードガイ。その名は海津龍一。柳沢きみお漫画初めてのワル系ハードボイルドストーリーで、当時のバブリーな雰囲気が十二分に描き出されている感じです。
テレビドラマ

知的な悪党が女にモテるー柳沢きみお論(4)

柳沢きみおの漫画で結構面白いのが、知的な悪党が主人公になったマンガだ。彼らのどうしようもないくらい怜悧でクールで悪の何かが背中にありそうな際立ったキャラが、僕らをゾクゾクさせる。漫画「特命係長只野仁」にみる知的な悪党の魅力を語ろう。
ノブレス・オブリュージュ

ノブレス・オブリュージュ(noblesse oblige)

007のジェームズ・ボンドにある精神は、ノブレス・オブリュージュ。彼の個人的な業務姿勢にはnoblesse obligeを感じる。高貴なる精神の義務。たった一人でも、任務をこなす。それも、高貴なる者の責任感で。
タイトルとURLをコピーしました