American Tune:俺のPOPS第61位

スポンサーリンク
サイモンとガーファンクル
スポンサーリンク

久しぶりに俺のPOPSに戻ってきた。今回は、第61位だ。ここは、原点回帰ということで、サイモンとガーファンクルの『American Tune』を聴いてみたいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク



American Tune (from The Concert in Central Park)

YouTube
作成した動画を友だち、家族、世界中の人たちと共有

コロナの今の世界だからこそ、この歌の意味があるような気がする。

そして、その意味が良く分かるのは、いつものこの人の和訳歌だ。

ポールサイモン『アメリカの歌』は和訳で歌うとよく分かる!

YouTube
作成した動画を友だち、家族、世界中の人たちと共有

英語の歌詞をなるべく直訳に近い形で、しかも自然な日本語で、元歌を歌う時の感情そのままに歌えるような和訳ができないものかと試行錯誤して早十年、道はまだまだ遠いですね。

Paul Simon – American Tune (2015)

そして、直近のポール・サイモンのギター一本の『American Tune』だ。やはり、いぶし銀のポールの世界だな。

YouTube
作成した動画を友だち、家族、世界中の人たちと共有

コメント

フジ子さん

タイトルとURLをコピーしました