本日の株野郎③:2020年10月27日(火)前場

デイトレ

朝8時~9時前の寄付き具合と不安だらけ

日経平均先物は、23,390.00で前日よりマイナス90にある。これだけならまだ良いのだが、ニューヨークダウは27,685.38でマイナスが、なんと、ー650.19である。両方ともかなり激減であり最高にヤバい状態。昨日の俺の株を損失最大を更に拡大する傾向にあるようだ。この状況では、マイナススタートで、前日月曜日と同様に俺の3本柱+みずほは下げ続くのではないか。

午前9時前の俺のいつも3本柱の株3つ(ラクスル・エーアイ・JESHD)とみずほ株の4つの指標は本日もかなり良くない。

エーアイ:3,040(昨日最終)➡2,965(本日8:20寄付)

ラクスル:4,710(昨日最終)➡4,595(本日8:20寄付)

JESHD:3,935(昨日最終)➡3,795(本日8:20寄付)

みずほ:1,311(昨日最終)➡1,300(本日8:20寄付)

全く持って、このままだと玉砕になってしまう。朝一でのUP損切で昨日の維持を出来ないかを考える世界にあるも、多分このままだと、最初から大きなマイナスで寄り付いてしまうだろう。どうやって、損を最小にすれば良いのだ。

昨日は会社出社のため、朝9時の入れ込みが出来ずにそのままに放置してしまった。結果は、軽く10万円の損失であった。ここ数か月の最低の損失金額だ。今日は反発すると思ったが、全くその可能性が今の段階では少なくなっている。こういう時の対処はどうするんだ?ただただ、損切するのか?マザーズ市場の決算時期ってのは、ここまで株が低位に移行するのか?

8時35分での寄付きでエーアイは2,900円まで落ちてきたぜ。オイオイ。他は全く上がらない。どうしたら、良いのか?名案が浮かばない。売りの日経を購入するのか?

朝9時~9時10分の動き

エーアイ:2,920(本日9:00寄付)➡2,980(本日9:10)

ラクスル:4,665(本日9:00寄付)➡4,795(本日9:10)

JESHD:3,915(本日9:00寄付)➡3,885(本日9:10)

みずほ:1,303(本日9:00寄付)➡1,305(本日9:10)

かなりヤバいぞ。損失が途中で、22万円を超える。なんと、損失6万数分で。昨日との合計で16万を超える。どうするんだ。これは、損切をしていくしかないな。

朝9時10分~9時30分の葛藤

そこで、エーアイとJESHDを残念ながら、低い数値に落として、損切をおこなうことにした。具体的には、

エーアイは、3,070の指値に。JESHDは、3,965の指値に変更した。JESHDは簡単にこの損切指値にかかった。なんと手数料を入れて、マイナス46,769円である。痛いがヤムナシ。まだ、JESHDは1本残っているのだ。

ところが、エーアイが一番損害が酷いのだが、3本持っているのに、これが全く上がらない。3,000円を何とか超えたが、3,070円は遠い。結局、この時間帯には確定できず。

9時30分~10時の攻防

俺のデイトレで使っている4本に関しては、この時間帯に高値を何とかつけたが、いつもの俺の弱さで損切が出来なかった。何故、ここで出来ないのか。多分、これでは、10時以降に損失がまた拡大する。少なくとも、エーアイを1本でも売りたいが。しかし、この時間帯にはどれも約定できず。心の中で、全体の上昇があったので、まだ上がるという意識をいつものように持ってしまい、自滅になってしまった。

エーアイ:2,857(安値)➡3,065(高値)

ラクスル:4,630(安値)➡ 4,900(高値)

JESHD:3,885(安値)➡4,045(高値)

みずほ:1,299(安値)➡1,310(高値)

10時~11時の悲しみ

何とか、10時13分にエーアイを3,070円で約定した。その金額は、ナント、マイナス49,005円である。損切トータルが、95,774円になる。ショウガナイ。損失を更に拡大させないためと、少しでも今日のトータルをプラスにさせるためだ。身を軽くさせることが必要だ。しかし、案の定、この時間帯は、当然と言えば当然だが、全てが高値からかなり下げている。どうするよ?

エーアイ:3,090(今の高値)➡3,030(10:30)

ラクスル:4,930(今の高値)➡4,870(10:30)

JESHD:4,045(今の高値)➡3,795(10:30)

みずほ:1,310.5(今の高値)➡1,302(10:30)

前場最後の10分

午前10時~11時の間に商いは少なくなるから、当然ながら、値が下がった。それでも、11時にラクスル4,955円で売りが出来た。この金額はプラス20,532円で、損切3本の損失額トータルが、▼75,242円に下げることが出来た。まあ、これからラクスルが上がるだろうが、まあ、良しとしたい。午後と明日の為に、身を軽くできたのだから。

前場の結果は、昨日対比でプラス34,756円であった。昨日の損失を少しでもカバーできたので、良しとしたい。後場はこのプラスを失わないようにしたい。

本日の教訓

ニューヨークダウ及び日経先物が下げても、新興市場はそこまで下げずに前場は上がることあり。

東証1部株は、残念ながら、ニューヨークダウと日経先物に従うことが多い。なので、今回も落ちている。

大きな損失を被った翌日は、前場の早い時間に少しでも上昇したのなら、損失株を損切して、身軽になると、次のステップが見えてくるかもしれない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました