俺のPOPS50:第6位~第4位

スポンサーリンク
ボブ・ディラン
スポンサーリンク

俺のPOPS50は、最後の大詰めまで参りました。勝手な俺のPOPS50は、第6位から第4位の3曲をエントリーすることになりました。イーグルス-呪われた夜,ホテルカリフォルニア,ボブ・ディラン-ハリケーンの3曲です。聴いてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク



第6位:呪われた夜

Eagles -One of these nights

やはり、イーグルスに行かざるを得ないね。ここは。この曲の何とも言えない切なさが溜まりません。

One of these nights(呪われた夜)だ。

One of These Nights (2018 Remaster)
Provided to YouTube by Rhino/ElektraOne of These Nights (2018 Remaster) · EaglesOne of These Nights℗ 2018, 1975 Asylum Records.Engineer: Allan BlazekGuitar: ...

イーグルスのライブ映像はこれだ。

- YouTube
YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。

アルバム

呪われた夜
※キャンペーン期間以外は、応募シリアルが付いていない商品が出荷されますのでご注意ください。 ※キャンペーン期間:2015年6月24日(水)〜9月1日(火) CD1枚ご購入の上、応募抽選でもう1枚当たる! 名盤、定盤、決定盤!対象商品。 ■内容 対象商品に貼付されているキャンペーン・ステッカーに記載されている、 「シリア...
カスタマーレビュー
この4作目「呪われた夜」では、1曲目のイントロからノック・アウトされます。彼らのファースト・アルバムと、このアルバムを聴き比べれば、彼らの到達点の高さは明確です。伝説的なアルバムHotel Californiaへの導火線となった大傑作。楽曲的にはこちらの方が優れているかも・・・という声も多い。それまでの彼らの集大成といった趣が有り、ある種最高傑作と言えるかもしれない。このアルバムの成功が、よりコンセプチュアルな「Hotel~」を創る余裕を与えたとも考えられる。必聴!!!。

第5位:ホテル カリフォルニア

Eagles – Hotel California

イーグルスの最高傑作と言われる『ホテル カリフォルニア』。

哀愁漂うメロディとドン・ヘンリーのハスキーな高音ボーカル。

- YouTube
YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。

アルバム

ホテル・カリフォルニア(SACD/CDハイブリッド盤)
20世紀を代表する不滅の最高傑作アルバム。本作よりバーニー・リードンに代わりジョー・ウォルシュが参加。よりパワフルかつ切れ味のよいサウンドがここに完成。(1976年/第5作目/全米アルバム・チャート:8週連続第1位) ◎SACD/CDハイブリッド盤 ※5.1chサラウンド&ステレオ音声収録 ※通常のCDプレイヤーでも通...
Hotel California
今更申し上げるまでもない、音楽史に残る一曲。
シリアスな曲調、美しいメロディーラインは、私たち日本人に最も好まれるタイプのロックだと思います。
実際、ヒット曲として当時のラジオで頻繁に流れていました。

第4位:ハリケーン

ボブ・ディラン(Bob Dylan) のハリケーン(Hurricane )だ。哀愁漂うバイオリンの音色で無実の罪で投獄されたボクサーを歌うディラン節。極まっています。

Bob Dylan - Hurricane (Official Audio)
“Hurricane" by Bob DylanListen to Bob Dylan: to the Bob Dylan YouTube channel:

ボブ・ディランのライブ映像だ。

Bob Dylan Live - Hurricane TV 1975

アルバム

欲望 [Explicit]
欲望
カスタマーレビュー
無実の罪で20年余り投獄されていた伝説のプロボクサー、ハリケーンことルービン・カーターを描いた映画の有名な主題歌。哀愁漂うバイオリンの音色から始まる8分にもおよぶ長い曲だが、ぶつけるように歌う独特のディラン節が最後のクライマックスに向かって炸裂する迫力に圧倒され、飽きることなく聴き入ってしまう。3人が撃たれるところから始まり、ルービン・カーターの悲しい人生を語る歌詞に心を打たれます。ディランらも取り組んだカーター事件の再審請求が認められ、ついには無罪を勝ち取る苦難の人生が見事に語られる、ディランにとっても代表作の一つだと思う。

コメント

フジ子さん

タイトルとURLをコピーしました