俺とサイモンとガーファンクル④:水曜日の朝、午前3時

サイモンとガーファンクル

S&G連続ものシリーズ第4回目として、人気が出る前の曲を引き続き、紹介してみよう。

前回紹介したように、トム&ジェリーだった二人は、1964年にグループ名をサイモン&ガーファンクルと改めて、アルバム「水曜日の朝、午前3時」でデビューしたのだった。

前回は「アイ・アム・ア・ロック」と「冬の散歩道」と「キャシーの歌」の3曲を紹介したのだが、なんと、アルバムタイトル曲『水曜日の朝、午前3時』の紹介をしていなかったのだ。そこで、この隠れた名曲について、今回は集中して、紹介をしていくのだったよ。

水曜日の朝、午前3時

何という優しいソフトリーな歌なんだ。ガーファンクルの高音ボイスが心に染みるぜ。

YouTube
YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。

当然ながら、和訳が必要になる

このサイモンとガーファンクルの名曲である『水曜日の朝、午前3時』の歌詞の内容を知りたくなる。

驚いちゃうけど、この素敵な優しい曲は、水曜日の朝午前3時に起こした犯罪の詩でもあるんだよね。

そこで、今回は、ここで、チョチョさんに登場してもらって、日本語で歌ってもらおう。チョチョさんの歌とギターテクニックはナカナカのもので、本物のサイモンとガーファンクル並みですね。聴いてみて下さい。

サイモン&ガーファンクル 『水曜日の朝、午前3時』は和訳で歌うとよく分かる!Wednesday Morning, 3A.M. / Simon&Garfunkel Cover

YouTube
YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。

英語の歌詞をなるべく直訳に近い形で、しかも自然な日本語で、元歌を歌う時の感情そのままに歌えるような和訳ができないものかと試行錯誤して早十年、道はまだまだ遠いですね。 大好きなサイモン&ガーファンクルの曲を意味がよく解るように和訳して全部日本語で歌っちゃおうというチャンネルです。NHK「特ダネ!投稿DO画!」でも紹介された和訳DE歌おう!のサイモン&ガーファンクル編。 以前のチャンネルの動画も順不同で再アップしてます。

チョチョさんのYouTubeから

何故か、同名小説

結構、有名になった蓮見圭一の小説『水曜日の朝、午前3時』だ。サイモンとガーファンクルの『水曜日の朝、午前3時』と全くの同じ題名。

しかしながら、残念ながらと言うべきか、小説の中には、一度も、サイモンとガーファンクルの同名曲の話は出てこない。大阪万博の頃の1970年代の音楽は多く出てくるが・・・。

ボブ・ディラン、フランク・ザッパ、ジャニス・ジョプリン、ジョニ・ミッチェル、ビーチ・ボーイズ、ジョーン・バエズとか。

これは意識してなのか?決して、出してこない、サイモンとガーファンクル。

ちなみに、この小説はラブストーリーであり、今アメリカで暴動の発端にもなっている人種差別問題も扱っている小説なのだ。

水曜の朝、午前三時 (河出文庫 は 23-1) (日本語) 文庫 – 2017/11/3
1970年、大阪万博を舞台に叶わなかった恋とその後の20数年を描く、涙の大ベストセラー、『水曜の朝、午前三時』。「恋愛小説であると同時に、人生を振り返る本です」
「この本を教えてもらえて、ありがとう! 」
「人生で何度も読み直したくなる本になると思います」……絶賛の声続々。

誰もが自分の過去の恋愛や人生を振り返りたくなる、時代を越えて愛される名著。「もしかしたら有り得たかもしれない、もう一つの人生、そのことを考えなかった日は一日もありませんでした」――45歳の若さで逝った、知的で魅力的な翻訳家で詩人の直美。彼女が娘のために遺したテープには、1970年の大阪万博で働いていた23歳の直美と、将来が有望視されていたエリート学生・臼井との切ない恋とその後が語られていた。恋の痛みと人生の重みを描く、大人のラブストーリー。

「もしかしたら有り得たかもしれないもう一つの人生、そのことを考えなかった日は一日もありませんでした―」一九七〇年、大阪万博を舞台に叶わなかった恋とその後の二〇数年。恋の痛みと人生の重みを描く、究極のラブストーリー。涙を誘った大ベストセラー。

コメント

タイトルとURLをコピーしました