本日の株野郎⑪:2020年11月25日(火)コロナ第3波の行方

デイトレ



連休明け後の日経への不安

本日は、連休明け後の日経である。先週金曜日も日経は続落した。そして、俺はラスクルで、かなりの損を拡大させてしまっている。そうすると、どう考えても、本日の前場開始後の10分での売り勝負になってくるのだが、不安要素がある。そう、この3連休でのコロナの急激増大とGO TO キャンペーンの停止宣言の行方なのである。これはどう考えても、株が上昇する要素にはならない。激しく下げる要因になるのではないだろうか?良い材料としてはワクチンの承認申請が進んだことだ。だが、これだけでは、弱いだろうな。

ちなみに、これだけの情報がなかった先週金曜夜の日経平均先物はプラス160円で上昇が期待される展開だった。昨日のニューヨークダウに至っては327ドルも上昇している。日経平均先物と直近のダウ平均によれば、理論的には上昇局面であるのだが。

俺の読みとしては、本日も日経は下落するのではないだろうか?コロナ第3波直前を考えると経済の予想を悪く判断するのではないか。特にAIは。困ったぜ。

岡三オンライン情報は

本日の岡三オンライン情報では、なんと、スタートは堅調だと。週末に向けて上値が重いって言っているが、本当か?今日からではないのか?確かに円高一服で円安にはなっているが。

今週の日本株相場は、国内が連休中の海外株高を受けて堅調なスタートとなりそうだ。昨日は中国をはじめアジア株が総じて堅調だったほか、ドル円相場では円高一服となっている。また、バイデン氏がイエレン前FRB議長を財務長官に指名すると伝わり、米国株は引けにかけて上昇幅を拡大した。一方、国内でも「GoToキャンペーン」の見直しなど、新型コロナに対する警戒感がジワリと高まってきた。 1日当たりの新規感染者数は欧米と比較して低位に留まるが、「モメンタム(勢い)」が加速する場合には悪材料視される可能性が高いだろう。日本株相場は本日こそ堅調スタートが見込まれるものの、週末にかけては上値の重い展開を想定しておく必要もありそうだ。

岡三オンライン情報

朝9時前の寄付き

上記のような俺の本日予想判断の中、前場前1時間の寄付き具合をしっかりみておこう。朝8時の段階では、ラクスルとトレンダーズが低い値で入ってきた。ヤバいね。

NF日経225:26,300(先週末)➡31,300(本日8:00)➡26,760(本日8:58)

みずほ:1,414.5(先週末)➡1,440(本日8:00)➡1,431(本日8:58)

エーアイ:2,642(先週末)➡2,800(本日8:00)➡2,651(本日8:58)

ラクスル:4,950(先週末)➡4,805(本日8:00)➡5,000(本日8:58)

JESHD:4,465(先週末)➡4,530(本日8:00)➡4,435(本日8:58)

トレンダーズ:644(先週末)➡544(本日8:00)➡652(本日8:58)

朝9時~9時半

ラスクルの損切が出来るのか、俺。ここに賭けたいところだが、どうだ?

なんと、日経は、朝一、390円のプラスで始まる。スゲェー。その後、日経は9時10分までプラス466円まで上昇した。凄い。しかし、俺のラクスル5,080円まで伸びた後、9時10分には4,975円まで下げ、当初の目論見通りの朝一損切を出来なかった。欲が出て、5,080円で売れなかったのだ。馬鹿です。

戻せ、ラスクル、何とか、5,050円位までに。可能性があると言ってくれよ。

この俺のお願いに、答えてくれたのか、ラクスルは、一瞬、5,100円まで上昇。9時20分だ。5,080円で1本売りに出来たのだ。有難う。株の神様よ。助かったぜ。まだ2本あるので、何とかもう少し上げてチョ。と俺は、また、欲を出しのであった。

9時30分。なんと、日経平均は、プラス600円越えの26,162円で26,000円を軽く超えたのだ。どういうことよ?これは??だが、俺のラスクルは上昇しない。ヤバし。

朝9時半~前場

こんな具合に日経が9時30分までに26,000円越えをしたのだから、9時半以降は下げるだろう。普通。案の定、日経平均はプラス600円から下降をし始めた。当然、今日の俺の最大注目銘柄のラクスルも下げやがる。9時35分には、5,040円まで下げ、これはどうよ、先週と同じ下落曲線を描くのか!

ところが、日経平均は10時以降、持ち直しをして、11時には658円アップの26,185.81となる。凄い再上昇である。兎に角、急上昇の方向にある。

こういう中でのラスクルであるが、新興市場株の傾向であるのか、思ったほど伸びない。指値5,160円で待っていたが、朝一の5,050円を超えることが出来ず、5,070円まで下げたので、1本5,110円で損切することにした。まあ、ラスクル2本で2.6万程のプラスであったので良しとしたい。

エーアイ以外は全て上昇したが、売りを入れてあったので、勝ちのトータルは日経の急上昇にも関わらず、そこまでの儲けではなかった。

教訓君

株の急上昇があったのが本日の前場相場であった。コロナ拡大とGO TO キャンペーンの停止傾向が経済に悪影響を与えるであろうとの俺の読みは全く外れてしまった。どうしてなのだろうか?どうも、円高が止まり円安に戻ったところがかなり影響を与えているのかもしれない。

今回のことから感じたことは何か?

世間の動きというものを読んだつもりでも、株式市場に反映しないこともある。

円安に大きく動いた時には、日経株式の上昇は十分にありうる。

先週末に損を出している株は、極力、朝9時10分以内の高値で売った方が結果良いかもしれない。

コメント

フジ子さん

タイトルとURLをコピーしました