めぞん一刻を語る㉘:響子△(さんカッケー)水着編その1

スポンサーリンク
めぞん一刻
スポンサーリンク

『めぞん一刻』での響子さんは、実は、実のところ、マジで素晴らしく、健康的に、エチなのであったのだね。

そもそも、高橋留美子先生は、女性を描くにあたって、ちょっとしたエッチなところを健康的に表現するあたりに、とても、長けていらっしゃたのであるね。

だって、考えてみれば、高橋留美子先生の『らんま1/2』だって、少年サンデーという子供向け雑誌に連載されていたのに、エッチなところが結構満載でしたよね。

『らんま1/2』までは、『めぞん一刻』では多くないものの、コメディ漫画としては、笑いの中にある健康的なエッチな場面がありましたね。

それで、時々思い出しては、『めぞん一刻』における健康的なエチ(エロス)としての響子さんを、『響子△』=『響子さんカッケー(格好いい)』として、ここに記録しておきたいと思いました。

では、では。そんな、響子△を観てみませう。

出典:『めぞん一刻』(c)高橋留美子/小学館

てな、話かもしれませんが、まずは、観てちょーだいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク



クラゲ編

『めぞん一刻』では、最初の方から、一刻館の住人たちの海水浴があって、響子さんも参加します。この響子さんの水着姿はセパレーツですが、逆に、かなりの色っぽさ満開であります。

出典:『めぞん一刻』(c)高橋留美子/小学館
出典:『めぞん一刻』(c)高橋留美子/小学館

響子さん、マジで、艶めいております。若い、元人妻の

出典:『めぞん一刻』(c)高橋留美子/小学館

そして、五代君は、相変わらず、響子さんに、誤解されているのでありました。

出典:『めぞん一刻』(c)高橋留美子/小学館
出典:『めぞん一刻』(c)高橋留美子/小学館

響子さん、お得意の「勘違いメーター」の大発揮であります。海の中で。

出典:『めぞん一刻』(c)高橋留美子/小学館

響子さんは、若い未亡人としての自分のポジションからか、それとも、小さい時からの想い込みの強さからか、どんな時でも、アグレッシブに、自分を肯定的に卑下するのでありました。

出典:『めぞん一刻』(c)高橋留美子/小学館

五代君、そーゆー妄想的部分が相当多いでしょ?

というか、響子さんに、本質を突かれていると言った方が良いのですが。

『めぞん一刻』での響子さんの健康的なエロスのワンシーンでありました。

番外の孤島編:響子さんの水着イラスト的な・・・

ここは、高橋留美子先生が描く響子さんの水着イラストの世界だね。

これは、素敵すぎるかも。

これこそ、まさに、

『響子△』=『響子さんカッケー(格好いい)』

出典:『めぞん一刻』(c)高橋留美子/小学館

響子さんの水着系グッズは?


音無響子さん めぞん一刻ヒロイン

レア レトロ めぞん一刻 Tシャツ フリーサイズ E621

コメント

ビッコレ



タイトルとURLをコピーしました