本日の株野郎⑱:2020年12月14日(月)

デイトレ



本日の予兆

先週の日経平均は良くなかった。俺の株取引の1週間もマイナスであった、マズいね。

数値前日比増減反応
先週の日経平均26,652.52-103.72
本日日経平均先物26,510.00-10.00
ニューヨーク・ダウ30,046.37+47.11
日経平均と先物とダウ

本日の読みは、日経平均先物とダウがそれほど悪くないので、前場は上げると予想をしたね。

朝9時~9時10分

銘柄先週8時9時9時10分上昇下降判断
NF日経22527,44027,56027,50027,530
みずほ1,3311,3461,3321,335
エーアイ2,3052,2702,3402,324
ラクスル4,5954,5554,850
JESHD4,7654,8504,8404,830
トレンダーズ703656716720
俺の朝一前場9時10分まで

今週のスタートである月曜日の前場。先週の週末金曜日にラクスルで朝一上昇があったのに、全くそれをキャッチアップ出来ずに、ラクスルはもの凄い上昇をした後に、今度は400円以上も下がり大負けになってしまった。なので、本日も同じように、朝一の急上昇があったので、朝一4,840円で売りを一本仕掛けて成功した。このように、先週の大負けを翌週の月曜日朝一一番で回収できることがある。これは今までも何回もあった。なので、毎週末金曜日に大負けがあっても、月曜にリカバリーが出来るという気持ちを持てるようになったのだ。これは大事。

朝9時10分~10時

このようなラクスルのような朝一急上昇した銘柄はどうなっていくのかということに関しては、2つの流れしかない。そのまま急上昇を継続して、場合によれば、ストップ高まで行く。反面、朝一急上昇のピークから急下降をして、かなりの値を下げてしまうというパターン。

今回のラクスルは、とてもストップ高までいくパワーがないので落ちるだろうと思って、先の天井での売りの後に、低めの4,665円で買いの指値を1本入れておいた。そうしたら、あっという間に下げがあり、その値で成約できた。しかし、この値も買うには高すぎたのか、その後、全く上昇しなかった。先週と同じで、損の拡大になるのか?ビビるね。

銘柄9時10分9時30分上昇下降10時上昇下降判断
NF日経22527,53027,62027,600
みずほ1,3351,3361,338
エーアイ2,3242,3622,357
ラクスル4,8504.8104,675×
JESHD4,8304,8554,880
トレンダーズ720720710
俺の前場9時10分~10時まで

今回は、ラクスルの反転以外は、俺の全ての銘柄で上昇があるので、ラクスルの下げさえなければ良い方向である。

朝10時~前場終了まで

銘柄10時10時30分11時11時半(前場終了)上昇下降判断
NF日経22527,60027,61027,63027,620UP
みずほ1,3381340.51,344.51343UP
エーアイ2,3572,3612,3572,355UP
ラクスル4,6754,6754,6854,715
JESHD4,8804,8954,9004,900UP
トレンダーズ710708714710UP
俺の前場:朝10時~前場終了まで

ラクスルが急下降で4,640円まで落ちるが、その後、4,700円台を回復し、危ないので4,665円で購入したものを4,715円で売却し逃げる。

本日の前場の利益額:プラス49,689円で、先週の損失の57,271円をかなり埋め合わせてくれている。ラッキー。やはり、先週の負けがあった場合、朝一の10分間で、負けの銘柄の株をかなりの上昇のところで売ることは良いようだな。

教訓君

今回のことから感じたことは何か?

先週において大きな負けがあった場合は、翌週の月曜日のそれも朝一の10分間でリカバリーが取れることが意外と多い。先週負けていた銘柄の株の上昇があったのなら、自分の中の良い指値で刺しておき、なるべく早めに売却することが肝要。特に、先週末に大きく下げた株であれば、確実に反転上昇があるので、前場朝一10分に勝負をかけることが肝要であろう。

コメント

フジ子さん

タイトルとURLをコピーしました