人生が思い通りになる「シンプル生活」

ミニマリスト

このエッセイは、こんなスタートで始まっている。グッドデザイン賞を受賞した作品に共通することは、どれもシンプルであるということ。複雑な作りの作品が選ばれたことはないと。無駄なくシンプルであること。そして、我々の人生も同じく無駄なくシンプルであれば、心地よくなるであろうと。そんな気になるエッセイを今回紹介しておこう。



人生が思い通りになる「シンプル生活」

自分にとって「一番大切なもの」を明確にして、
それに沿ってシンプルに、無駄なく生きること。
そのために時間を使うことです。
すると、いらないものを手放したスペースに「運」や「チャンス」がめぐってきます!

・直感に従って、そのままやってみる
・「いい人」よりも「ありのまま愛される人」を目指そう
・「断る力」が人生をシンプルにする
・つらいときには、つらいと言う
・人生がうまくいかないときは、まず掃除
・上質なものを少なく持つ

もう迷わない!
人生は、自分の力でコントロールできるのです。

内容紹介

気になるあたり

シンプル思考

シンプル生活を実勢していくために一番大事なことは、思考。シンプルに物事を考えるようにすること。そうすれば、今まで複雑にしていた無駄な時間を有意義な生産性の高い時間に置き換えることができると。人生を複雑にしているのは自分自身であり、自分が勝手に複雑にさせている思考によるものなのである。脳も潜在意識も自然も宇宙も全てシンプルな構造になっていることを理解できれば、自分もシンプルに心地良いことだけに集中できるようになり、それは全てに繋がり連鎖していくものであると。

人生を楽に生きられる視点や法則の数々

「やらなくてはならないこと」など存在しない。すべては「自分がやりたくてやっていること」。

手放すと入ってくる。失ったら、何かを得られる。

うまくいかない時は、思い切って手放ししてみる。

失うことに執着しない。

「なるようになる」と考えてみる。

あきらめることは、問題がシンプルになることと心得る。

過去の記憶は、脳が作りかえた創作物。囚われるのはやめる。

「私の未来はこうなる!」と、人生を逆算して考える。

得たいものは1つだけにフォーカスする

人は否定的な部分より肯定的な部分の方が伸びやすい。自分の好きなところを伸ばしてあげること。そして、そこをもっともっと見つめてあげることが必要。それは、自然の法則なのです。自分のいい点に注目していると、否定的な部分がどんどん小さくなっていき、注目したいい部分が大きくなっていくのです。色々やってみたいことがあっても、まずは1つに絞り、そこに情熱とエネルギーを注ぎ込みます。シングルタスクは、まさに、シンプルに1つだけにフォーカスするので、そこの部分のエネルギーが増大していくのです。たった、1つに絞ること、そこから始めてみる。

ブレない自分を作る思考と行動のシンプル習慣

嫌な自分を受け入れると、嫌な部分が小さくなる。そんな自分を人間臭くていいと思え。

人生の無駄なこと、ダラダラ続けている習慣を絶て。

すでに自分は幸せな存在なのだと自覚せよ。今持っている幸せに注目してみろ。

楽天思考はプラスの波動を引き寄せる。

1分前も1秒前も過去は過去。過ぎてしまった過去の為に悩む時間は無駄。

選択に迷ったら、「ワクワク」するほうを選んでみる。

自分の直感が正しい。思考や感情にシンプルであれ。

20年後のなりたい自分から自分に手紙を書け。書けば書くほど、セルフイメージができる。

人間関係のシンプルなコツ

自分は自分。他人は他人。違っていて当たり前とわかれば怒りから解放される。

素の自分でいれば、あなたの波動と似た人が自然に集まる。

エネルギーを吸い取る人は、自分にとって必要のない人。嫌いな人にフォーカスしない。

心地よい距離感が相手との信頼関係や絆を深める。

嫌われることを恐れない。自分の人生を楽しんだ者勝ち。

イイ人をやめると楽になり、自分の人生が歩める。

いつも自分らしくいる人は、周りから信頼される。ありのままの素の自分は相手に心地よい。

うまく断るために、自分の気持ちに正直になる。断る時はすぐにシンプルに伝える。

自分の人生は自己責任。たった一度の人生。他人にコントロールされる必要はない。

自分の意志で、シンプルに、いいことだけを選択していけば良い。

コメント

フジ子さん

タイトルとURLをコピーしました