青き炎・ワルのハードボイルドー柳沢きみお論(5)

ワルのハードボイルド漫画登場

柳沢きみおが新しく挑戦したステージはワル、悪の世界だった。

その名は、青き炎。

氷の美貌、鋼の肉体、冷徹な知性を駆使しサクセスを追い求める19歳のハードガイ。その名は海津龍一。

青き炎第1巻

青き炎 DX版 1 Kindle版 定価¥275
紙の本定価¥1,595

バブル全盛期、女を利用して成り上がっていく一匹狼の高校生・海津龍一。その端正なルックスとクールな性格で女生徒に人気がある彼は、
総合病院のひとり娘である内藤絵美に目をつけて接近していく……!?

青き炎第2巻

青き炎 DX版 2 Kindle版 定価¥同じ

テニスサークルの合宿に出かけた海津龍一は、財閥のお嬢様・住菱久世と接近して、黒枝慶子を敵に回す。

そしてキャプテンの掘田にサークルからの退部を迫られた龍一は、
サークルを去っていく。

青き炎第3巻

青き炎 DX版 3 Kindle版 定価¥同じ

6つのビルのオーナーである中年女性・角田里子と結婚した海津龍一は、
事故を装って彼女を殺害!!五百億円の遺産を手に入れる。

驚愕のラストを迎える完結巻!

この漫画における海津龍一という若い男のワルの武器は3つだ。

彼は、地方都市の高校生の時から、虎視眈々とその武器に磨きをかけていた。

武器は、頭脳と肉体と金の3つだ。

頭脳

鋭敏で明晰な頭脳を持ち、成績は常にトップクラス。猛勉強もして、東京の有名私立大学に合格する。

地元において、家族や友人は自分の野望に役に立たないと判断し、交流を一切絶つ。

彼の冷徹な優秀な頭脳は、その心のうちに、冷酷で邪悪な血が蠢いていた。

そして、クールな美貌の持ち主。

肉体

高校時代から、ジョギングと腕立て伏せ200回を自分に毎日課し、肉体を鍛えぬいていた。

大学生になってからも、テニスやラグビーで肉体を鍛え続ける。

龍一の体は鋼の肉体となり、女性の羨望の的になる。

下半身の強さも人並み外れている。高校3年生の時から、地元のホステス小夜子を相手に鍛えたセックス術で、資産家の令嬢を落としていく。

龍一は高校3年生の時に、大病院の娘をたぶらかし、廃人同様にし、手切れ金で1,000万を院長の親父からせしめる。

大学では、六本木の黒服バイトで金を稼ぐ。

そんなレベルでは金は潤沢にならないので、龍一は自分の肉体とテクニックで、女から金を取るべく逆玉を探し、女から莫大な金をせしめる。

ワルの生き方

この後から、海津龍一は、ワルとしての所業の数々をおこなう。殺人も放火も偽装結婚も、金を得るために、悪の限りを尽くす。

やくざやアンダーグランドな人間たちと交流して、自分の基盤を作っていく。

最後は銃でしか、自分を保てないところまで落ちていく。

全体像

柳沢きみお漫画初めてのワル系ハードボイルドストーリーで、当時のバブリーな雰囲気が十二分に描き出されている感じです。

柳沢きみおは、人間の欲望を、しっかり描いているのではないでしょうか?ワルというテーマの中に、人間の欲そのものが上手に描き出されています。

そうなんだよね。人間て、こういう欲望が常にどこかにあるんだよね。なので、結構、読み込んでしまいます。柳沢きみお、やはり、面白いです。

ブルーコミックス論25 柳沢きみお『青き炎』(小学館、一九八九年) - 出版・読書メモランダム
石川サブロオの『蒼き炎』、島本和彦の『アオイホノオ』と続けてきたからには、もうひとつのほぼ同名のタイトルを有する作品に言及しないわけにはいかないだろう。それは柳沢きみおの『青き炎』である。 この作品はピカレスクコミックとよぶことができよう。主人公は海津龍一といい、地方の高校三年生で、来年は東京の私立大学を受験し、上京す...
金、女、野望、復讐……柳沢きみお『青き炎』と『DINO』に学ぶ、アウトローな生き方 (2015年6月22日) - エキサイトニュース
女性にとって、結婚したい男と付き合いたい男は違う。金持ちで優しい男が結婚相手としては理想だけど、付き合うんならどこか翳があって、ちょっと危険でワルな感じのする男がいい、というのが昔からの定説ですよね。...

コメント

タイトルとURLをコピーしました