成り上がり(里中李生編)

人生
バービー
バービー

この人も成り上がりですか?危ない人ではないですか?

博士
博士

本での言い回しとか怖そうだけど、実際は違うんじゃないの?女にモテたがってるような感じだし。男として、そうだなと思えるような指摘もあるよ。

バービー
バービー

なら、読んでみましょうか??

この男の生い立ちも結構凄い。親の関係か、転々と日本を動いている。中学で拒食症、高校で心臓神経症で高校中退。20歳で東京に出てきて、競馬関係の仕事で儲けた後、作家として、エッセイを中心に活動している。

エッセイは初期は競馬のことを書いていたようだが、今は、「いい男の生き方」的なエッセイと「女にモテる」とか「いい女とは」系のエッセイを多く書いている。

この男の文章はとにかく、ストレートでシャープ。結構、言いたい放題である。有無を言わせない文章スタイルだ。「オレはこう思う。そして、それは正しい、間違いない・・・」という断定系である。なので、人によっては、この作家のエッセイを好きになるだろう。嫌う人も多いだろう。好き嫌いがどちらかに分かれる男。中間のない男なのだ。男らしさをかなり追求している感じだ。なので、好きな若者も多そうだ。この時代、独断できること、断言すること、好き勝手生きているように見えることに、若者は憧れるのだろうか?

一流になること

金持ちになること

女にモテるために運動すること

プライドにこだわること

軽自動車なんかに乗ってはいけない

その背景にあることは何だろうか?病弱だったからか?青年期にかけて、死を近くで経験しているからか?自分の作風で多くの金を得たからか?女性との修羅場が多くあったのだろうか?

この男の成り上がり方は、やはり、気になる。

反面教師の部分も多くありそうだが、そうは言っても、この男、自分の腕一つで、筆一つで、ここまで来たのだから、注目には値するだろう。

覚悟の瞬間(とき)
里中李生(さとなかりしょう)のプロフィー...
里中 李生 OFFICIAL SITE
作家、里中李生の公式サイト。講演会、個人コンサル案内、新刊紹介、連載小説、ブログ、サイン本販売。起業した若者を応援する広告掲載も受け付けています。
里中李生 オフィシャル(@satonaka_1986)さん | Twitter
里中李生 オフィシャル (@satonaka_1986)さんの最新ツイート。作家里中李生の公式Twitterアカウントです。累計270万部。『成功する男は女を守る』発売中。 web小説『衝撃の片想い』連載中。元写真家。自己啓発、哲学、唯美主義、社会学、真実、恋愛性愛論、人類史。ウルトラマン。ボルダリング。新インスタは、

コメント

タイトルとURLをコピーしました