金を使わない生活(住居編)

お金

正しい節約

収入が減ってきたら、金を使わない生き方をしなくてはならない。ならば、どこから攻めていくかだな。

節約するに関して、青学の投資家教授の最近の投稿は押さえておこう。「正しい節約と悪い節約」の違いについて、考えておく必要がある。

正しい節約?

知りたい
知りたい

不必要なものに一切お金をかけないことよ。

悪い節約?

知りたい
知りたい

必要なものまで削ってしまう節約のことよ。

節約して「金持ちになる人」と「貧乏になる人」の決定的な違い | 富裕層向け資産防衛メディア | 幻冬舎ゴールドオンライン
お金の使い方を考えるときに大事なのは「節約」ですが、実は節約には2種類あります。正しい節約、悪い節約の違いはどこにあるのでしょうか。※本記事は、青山学院大学大学院教授の榊原正幸先生が、人生100年時代の資産形成に役立つ、堅実で科学的な株式投資術をわかりやすく解説します。

その上で、衣食住の再整理になる。この3つをどう変えていくんだい?一番大事なのは、どれだ?

住居節約

まずは、住みか、か。夜露を凌げる場所だ。これがないと、ブルーシーターになってしまう。住居に関しては、とにかく、収入に対する割合が30%以上と高くいのが一般に言われいることである。ここをどうしていくかかが、お金を使わない生活の最大のポイントになる。そこについては、まずは、総論で考えること。

そもそも住居費とは?収入に対する目安と、簡単にできる節約術4選
1住居費とは? 住居人はなにか。ある辞典によると、住いに関する支出。この内容は、家賃、住宅ローン、固定資産税,水道料、設備修繕 、家具などに対する支出。住居費の生活費中に占める割合と所得の大きさとの関係については,一定の傾向をとらえにくい。地域、家賃・ローンの有無、大きさ、耐久消費財の普及状況など社会的条件の変化に伴っ...

賃貸と所有

次に、住居には、賃貸と所有がある。まずは賃貸だ。これについては、最終的に賃料の安い物件を探して移るというのが結論かな。それ以外にいろいな賃料節約の手法の説明があります。

家賃を安くする節約術
節約しているのに貯金ができていない人は、毎月必要となる固定費を見直すのが効果的です。その中でも特に効果的なものとして「家賃の見直し」があります。 契約時に決まった家賃は月々必ず一定の金額を支払うことになるため、一度見直すと節約効果が持続しま
賃貸での住居費の節約方法
支出金額が大きく固定的に発生するため家計を圧迫しやすい住居費。賃貸での住居費、家賃の節約方法について説明しています。

所有に関しては、家を買わないという選択肢がまず、厳然とあります。このことに関しては、この方のブログが非常にわかりやすいですね。一番良いのは、自家があれば、そこに住み続けろ、です。

家を購入するときには、まず、仮に返済が出来なくなった時に、その物件を売っても借金が残らないような案件を購入することが大事である。駅近の中古マンションとか、新築一戸建てであれば、家を建てる費用は極力抑えることとか、購入後は住宅ローンの借り換え等も常に検討におけとか、色々あるのです。これに関しては、自分で探して下さい。家購入については多くありますので。

ミニマリスト

このような節約について、近頃は、「ミニマリスト」という考えを持って生活していく人達が増えています。この考えは、それはそれとして、面白いと思います。生活に必要な分だけ仕事をして、稼いだ金を無駄なく使うという人達を総称して、ミニマリストと言うようです。

月5万で幸せに暮らす?究極のミニマリスト的節約術7つ
不景気が長く続いていることで日本の経済自体が縮小傾向にあり、私たちの収入も昔のようには伸びなくなってきています。そうなると日頃の生活では常に節約を心がける必要がありますが、あまりにも家計を切り詰めると心に余裕がなくなってしまい、かえって窮屈な思いをすることにもなりかねません。そこで今回紹介したいのが「ミニマリスト」とい

私は、家を持ってはいますが、このミニマリスト的な生活にかなり憧れている人間です。こういう生き方と似ていて、前から注目している人達は次の人達です。なんか、素敵なんですよね。今、どうしているんだろうなぁ。

Bライフ研究所
10万円で家を建てて生活する寝太郎の個人サイト
無職生活24年、なぜ年収100万円の自由人を選んだのか
東大卒、無職生活24年、年間100万円で“豊かな節約暮らし”を実践中——。「“自分らしい幸せ”を追求していたら、このスタイルになった」という山崎寿人さんのインタビューを5回に渡って紹介します。第1回目は、エリートサラリーマンを辞めて今の暮らしに至るまでの経緯を伺いました。

その他の節約術

その他の節約術としては、以下が面白いし、使えますよ。

【節約術】年間136万円の節約効果を生む50のテクニック | ワレの頭くりぬいて貯金箱にしたろか?
今回は年間100万円以上の節約効果を生みだすとっておきの節約術をご紹介しようと思います。 水道光熱費や食費などの定番の節約術から、生活習慣やお買いものでの節約術、最近流行りの"格安スマホ""格安SIM"などなど… いままでに当ブログでご紹介したさまざまな節約術の中から、50個の節約術を厳選してピックアップしてみました。
家賃・住居費の節約 |
住宅にかかるお金は家計を占める割合でとても大きいです。月々の住宅費を節約することで、家計はだいぶ助かります。わが家の場合は、2LDKから1LDKの一回り小さな家に引っ越したことで、月々2万円の節約に成功しました。家賃・住居費を節約する方法を紹介します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました