運とツキ(1)

人運

運とツキの研究

運の研究とツキの研究は、それなりにある。だが、科学的な研究は少なく、どちらかと言えば、ギャンブルに関係した考えが多い。なので、中には、科学的賭け方と称して、合理性を掲げるものがいるも、ほとんど、その人の経験則が紹介されていれるのが現実だ。

しかし、経験則を無視するのも、如何なものか?研究成果のほとんどが、実証に基づいているからた。ここは、大事だ。ツキの流れと運の掴みは、多くの人の話や事実から、掴み取ることが、まずは、ツキと運の実態を知る最初のなすべきことだろう。

ラグビー日本がベスト8に入った。これは、運が良かったのか?ツキに恵まれたのか?それとも、実力で、ここまで、来たのか?多分、人は、こういうだろう。実力にも努力にも運にもツキにも、全て恵まれたと。この答えなら、外しはない。

ある意味、間違いない解答だ。だが、それらが同時平行に動き、結果を導いたわけではないだろう。そこには、結論に至るための運やツキの順番や在り方があるはずだ。そこを見極めるのが、この記事の狙いだ。

運とツキの流れ

運とツキに流れはあるのか?そこから始めなくてはならない。

この世の中のもののありとあらゆるものが、常に変化し流れているのは自明の理。自然から動物から人まで、全て流れながら、その生を全うしているのだ。あらゆるものが流れているように、運もツキも常に移動を続けながら流れているというのが、運やツキを常に感じて勝負をしている賭け事師や勝負師の考えであるのは共通した認識のようだ。

勝負事の中では、運やツキのみならず、勝ちも負けも、あらゆるものが目まぐるしく動き回っている。如何にその変化を感じることができ、その流れに一緒に泳げるかが勝敗の分岐点であると彼らは言っているのだ。

そう、運やツキには流れはあるのだ。そして、それは自分から感じ、追い求めていかなくてはならないようだ。待っているだけでは、運にもツキにも恵まれないのだ。チャンスの髪には後ろ髪はないのだ。

運とは何か?

運は何かと言っても、一言で定義することは出来ないし、あまり定義をされていないと思う。良く言われているのは運は大きく4種類に分かれるという話だ。それは、以下の4つになる。

天運

天運は天からの恵みで誰にも平等に訪れるものだ。陽射しがどんな人にも平等に降り注ぐように、自然の摂理に則った運こそが天運である。今年は台風の当たり年で水害が多く発生した。これは、天運が荒れている現象である。このように荒れているときは他の3つの運も天運に大きく影響されることがある。

地運

その土地、その場所の運を表す。字の通りである。初めて降り立ったその土地に違和感を感じるか愛着を感じるか最初にわかるのが、この地運である。違和感があれば、その人にとって、その場所は地運が悪いことになる。

人運

人運は自分で作り出す「自力運」と他の人から運をもらう「他力運」の2つからなる。何不自由なく生きれるのは「他力運」に恵まれている。「自力運」は自分の努力によって自分にもたらされる運と言われている。

時運

時の巡り合わせのこと。一番重要な「人と人が巡り合う」のも、この時運の流れによるものであるということらしい。なので、この時運をいかにつかむか、そのタイミングをどうあわせるかは、やはり、流れを知る感受性のもんだいになりそうである。

運の呼び込み

上記の4つの運は、全てが絡み合って、その人の運になるわけである。上の説明の中でも出てきたが、どうも、その運をつかむために運の流れを感じとる主体的なスタンスが必要なようだ。

運はそこら中に転がっているというか、漂っている。運に恵まれた人になるかならないかの相違は、運の気配を感じられるかどうかと、勝負師達は特に声を揃えて言う。

運の気配を感じる感性

ならば、その感性とはどういうものか?勝負師達の話にやはりなるが、彼らが良く使う言葉は「万物流転」だ。この世の中のもの全ては変化する。変化している。永遠に同じものはないという感性を持つことのようだ。変化と流れを感じとる感性があれば、やがて、その人の運命は変わる。その感性を持たない人の運命は変わらないらしい。

ということで、「運とツキ」について、考え始めた。今日は、その1回目。運はそこら中に漂っていて、その変化や流れを柔軟に感じとめられる感性を持つか持たないかで、運に繋がる何かを得られることを知った。本や映画から総合して、判ったことである。次回以降も、「運とツキ」について、記載していきたい。自分のためにも。

運やツキは偶然じゃない
ツキや運は自分で呼び込むものです。 まず一番はじめに理解して欲しいことは、ツキとか運というものは、偶然にあなたのもとにやって来るものではないということを理解しましょう。 人生において成功を収めるために

コメント

  1. You can definitely see your skills within the article you write.
    The sector hopes for more passionate writers such as you who aren’t afraid to mention how they believe.
    All the time go after your heart.

  2. I delight in, result in I found just what I was looking for.
    You have ended my four day long hunt! God Bless you man. Have a nice day.
    Bye

タイトルとURLをコピーしました