BLUE GIANT

BLUE GIANT

ジャズを漫画にした男

BLUE GIANT | ストーリー
小学館 ビッグコミック連載『BLUE GIANT』公式サイ&#124...

漫画でジャズを描くなんて。邪道だろというのを超えて、凄い作品にした男がいる。どういうヤツなんだ。そいつは?

単純に言えば、漫画で音を聴くことはできないだろう??

ところが、作品を読んでいくと、何故か、音が聞こえてくるような気がするのだ。どうしてだ??

ジャズのような世界に感動なんてあるのかよと思ったのに、読めば読むほど、感動をしてしまう。何故だ??

その作者は、石塚真一だ。

石塚 真一

石塚真一を有名にした漫画は、山岳漫画の「岳」だ。

三歩は最後は山で死んでしまったが、今回の「BLUE GIANT」の宮本大と同じく、熱い熱い男だった。


第1巻の内容紹介: 秋の北穂高岳。登山中の中年男性・黒岩が、雪に足をとられて崖から転落、腕を骨折して動けなくなってしまった。山麓の警察署では下山時刻が遅れていることから、山岳遭難防止対策協会のボランティア・三歩に救助を要請することに。見かけは頼りなさそうな三歩だが、ヒマラヤや南米の山を歩いてきた経験豊富な救助員で…
石塚真一のプロフィール、受賞歴、全作品リストなど
石塚真一のプロフィール(生年月日、出身地、本名、デビュー作、受賞歴など)や過去の作品リスト情報をまとめました。◇石塚真一(イシヅカシンイチ)は漫画家。男性。アメリカの南イリノイ大学、同国サンノゼ州立大学在学中にロッククライミングの虜になり、その経験が「岳 みんなの山」を執筆するきっかけとなる。その他の作品に「BLUE ...

「BLUE GIANT」 の中では主人公宮本大が「ジャズは熱くてハゲしいんだ!」とまさに熱く熱く語るシーンがたびたび登場します。これこそ石塚真一が本作で表現したかったジャズの魅力ですが、実は、作者の石塚真一も「岳」の三歩と同様に、かなり熱い人なのではないのでしょうか?

宮本 大

次のジャズのCDを聴きながら、「BLUE GIANT」を読むと、更に良いかもしれないですね。

宮本大は、とにかく、真直ぐ。シンプルに単純。

彼は、仙台の広瀬川の川沿いで、毎日、サックスを吹く。高校生。

そして、宮本大は世界的なジャズミュージシャンになるようだ。結論は決まっているが、そこに至るまでの宮本大の生き様が素晴らしい。

楽譜は読めず、スタンダードナンバーも知らない。
ただひたすら真っ直ぐ突き進んでいく。

絶対にオレは世界一のジャズプレイヤーに、なる」。
雨の日も猛暑の日も毎日毎日サックスを吹く。
初めてのステージで客に怒鳴られても。
それでも大はめちゃくちゃに、全力で吹く。

小学館 ビッグコミック連載『BLUE GIANT』公式サイト
宮本 大 BLUE GIANT - Bing video

BLUE GIANT SUPREME

「BLUE GIANT」全8巻は日本編。これだけでも、宮本大とジャズの素晴らしさに感動する。しかし、これだけでは、終わらない。

宮本大の世界への挑戦が始まる。それが、「 BLUE GIANT SUPREME」だ。これは現在9巻までいっている。この分だと、なかなか終わらないぞ。

BLUE GIANT SUPREME
BLUE GIANT SUPREME 公式サイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました