コロナショック:運とツキ(8)

お金

資産損失ショック

前回のサンバイオショックの時と同じことを繰り返してしまった。株及び投信の買いに関して、そのまま、持ち続けて、物凄い資産の損失を招いてしまったのである。今も損切をしていないので、このままだと、損害は拡大していくだけである。何故に、同じことを繰り返すのか?お前は、認知症か?そうとしか、言いようのない危機管理意識の薄さをまた露呈した。これは、株関係だけではない。コインでのリスク管理も全くできていないので、そこでの損害も拡大させてしまった。

コロナショックの最悪シナリオ

ニューヨークダウ平均が2日連続で1000ドル前後の下げを記録するなど、いよいよ新型コロナウイルスによる感染拡大の影響が経済にも波及してきた。日経平均の落ち方も尋常ではない。これは、このまま、かなりの下げを継続していくのは必至であろう。

コロナショックの経済への影響に関して、ようやく、ニュースが本格的になってきた。ネットニュースでは、4つの最悪シナリオがまことしやかに言われている。それは、次のようなことだ。

1.五輪中止による五輪バブルの崩壊

2.消費は半減? 東日本大震災級の景気落ち込み!

3.円安になるのではないか?

4.日本の「武漢化」で全土が封鎖!健康保険、年金資金が枯渇する?

このうちの3番に関しては、昨日が異常な円高で週末終わったため、逆な傾向に流れているが、日本のコロナによる安全性が図れなくなると、円への信頼は地に落ち、円安に転換することは十分に考えられるところである。どうなってしまうのか?この悪の4シナリオに転換する可能性がかなり高いかもしれない。

コロナショックの先に待つ4つの最悪シナリオ - ライブドアニュース
新型コロナウイルスの感染拡大が長引いた場合、最悪のシナリオとはどんなことが想定されるだろうか(写真:ふくいのりすけ/PIXTA)ニューヨークダウ平均が2日連続で1000ドル前後の下げを記録するなど、いよいよ新型

コロナショックに対する投資家の動き

一時的なものであるので、サーズの時と同様に資金があれば持ち株やFXはホールド。場合によれば、株価が下がるので絶好の買い場とか言う投資家もいるが、今や、違うだろう。パンデミック寸前になっているので、これは、世界同時株安継続連鎖の大打撃可能性はかなり強いのではなかろうか?

コロナショックで投資家はどう動くべき?過去の類似事象から考察|投資んライブ
【2020年3月15日更新】コロナショックで投資家が取るべき行動を解説します。過去の類似事象における株価の変動も整理してるのでぜひご覧ください。
コロナ・ショックによる株価大暴落は投資初心者にとって10年に1度の大チャンス|週休3日セミリタイア生活ブログ
これから投資をはじめようと考えていた矢先にコロナウイルスによる株価暴落で投資をしようと決心していた心を折られた投資初心者

投資先からの撤退と現金化

やはり、株の相場からコロナショックが終わるまで離れるのが筋ではないか?既に、1か月以上にそのままにしてきた私には意味がないかもしれないが。更なる下落があると思われるのであれば、逃げるしかないのではないか。金融商品の総ての現金化だ。これは、恥でも何でもないのではなかろうか?今後の大きな損失拡大がまだあるかもしれないのだから。皆さんは、どうしますか?

コロナショック到来。世界恐慌の始まり。株や投資信託など金融商品は全額キャッシュにしましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました