俺とサイモンとガーファンクル②初期の名曲達よ

エンターテインメント

大好きなサイモンとガーファンクルについて、音を入れておく部屋。ここが。

ここから、S&Gの音楽を気が向いたら、聞くのじゃい。

そして、曲を聞きながら、サイモンの詩に触れよ。

今回は、サウンド・オブ・サイレンス

コンドルは飛んでいく

ボクサー。

ミセス・ロビンソン、の往年の有名な4曲

S&G 公式YouTube

Simon & Garfunkel
From the folk-rock explosion of the 1960s, Simon & Garfunkel quickly rose to the top of the charts with a winning combination of catchy, lyrically articulate...

https://www.youtube.com/channel/UCvj9Q8jeaaXlj2OprcRraaw

Audio The Sounds of Silence

Simon & Garfunkel - The Sounds of Silence (Audio)
“The Sound of Silence” by Simon & Garfunkel Listen to Simon & Garfunkel: Subscribe to the official Simon & Garfunke...

歌詞

あまりに哲学的な詩だ。畏るべし、若き日のポール・サイモン。

歌詞の内容が難し過ぎますよね。

ポールはその詩において、色々な比喩表現を使いますよね。

本当は何について言っているか分からないと思いませんか。正直なところ。しかし、そこにこそ、心がざわつかるといポール。サイモン特有の特殊さがありような気がします。

サウンド・オブ・サイレンス。静寂の音というのが直訳ですよね。あり得ないような禅的な言葉ですが。

当時の世界における人間関係や絆の希薄さやコミュニケーション不足などの不安全体に対するアンチテーゼ的な意味合いを持たせた詩と考えると、何となく、一応、判ったような気になるかなって感じですかね??

コンドルは飛んでいく 

Audio El Condor Pasa (If I Could)

Simon & Garfunkel - El Condor Pasa (If I Could) (Audio)
“El Condor Pasa (If I Could)” by Simon & Garfunkel Listen to Simon & Garfunkel: Subscribe to the official Simon & G...

歌詞

ペルー、アンデスのフォルクローレの楽曲がオリジナルである。そして、オリジナルは歌詞の無い状態。そこに、歌詞を付けてカヴァーしたのがサイモン&ガーファンクルで、これが世界的にヒットしました。ポール・サイモンのシンプルな歌詞が、この物悲しい曲に色を付けた。

私はかたつむりよりも むしろ雀になる
そう 私はなる もしできるなら 必ずそうする
私は釘よりも むしろ金づちになる

ボクサー

Audio The Boxer

Simon & Garfunkel - The Boxer (Audio)
“The Boxer” by Simon & Garfunkel Listen to Simon & Garfunkel: Subscribe to the official Simon & Garfunkel YouTube C...

歌詞

ボブ・ディランに対抗して、労働者の青年を主人公としてポール・サイモンが詩を書いたというウワサが当時あったが、どうも違うようだ。

真相は、ポール・サイモンが当時聖書を良く読んでいて、そこに賃金や労働のことが書かれており、そこから、このボクサーという詩が出来たようだ。

だが、ポール・サイモンの詩の難解さはこのボクサーにもある。最後の歌詞の部分だ。

でも、良い。闘っているのだ。とにかく、貧しさと賃金と労働に。

開拓地にボクサーが立ち、 そしてファイターが彼の仕事なのだ。
彼を負かしたすべてのグローブのメモを彼は持ち歩く。
彼が怒りと恥に叫ぶまで切りつける。オレはやめる。 でもファイターは闘い続けるのだ。そんな感じの歌。

ミセス・ロビンソン

Audio Mrs. Robinson

Simon & Garfunkel - Mrs. Robinson (Audio)
“Mrs. Robinson” by Simon & Garfunkel Listen to Simon & Garfunkel: Subscribe to the official Simon & Garfunkel YouTu...

歌詞

映画「卒業」のために、ポール・サイモンが作った曲としか、言いようがない。

 皮肉の塊のような歌詞。あなたへ乾杯 ミセス・ロビンソンなのだよ。そして、 キリストと 神の恵みあれ お願いですミセス・ロビンソンに向けて歌う。シニカルなアメリカの主婦に対する唄。 天は 祈る人のために場所を取っておいてくれる と。情事をしようが、不倫をしようが、ー ミセス・ロビンソン。天は 祈る人のために場所を取っておいてくれるとポールは歌っている。こんな詩だったって、知っていた?映画と同じだよね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました